面で取引するとは?

面で取引するとは?

最近FX会社のコラムを読むと面で取引するという文字があります。

どんな取引なのか、

よく読んでみました。

 

簡単に説明すると、

1点買いを指値で注文するのではなく、

値幅をとって、複数の指値を注文するというものでした。

 

トラリピも1点買いではなく、複数の値幅に注文を出すという意味では、

面で取引していることになります。

 

2015.8.25日前後に相場が荒く動きました。

 

重要指標発表がないときでもトレンドが出るときがある。

それは、週末のトレンドを引き継ぐときでした。

8/24・25日は2日でドル円が約6円動いた。

重要な指標の発表で動いたわけではないです。

 

チャートを見ると、

トレンドがはっきり分かる。

でも前週の週末のトレンドが引き続くかは、時間がたって、後にならないとわからない。

もし、このときにトラリピの買いで張っていたら負けていた。
しかし、反発しているので、

1円置きに注文を出していたら、

高値124.17

安値116.13

約8円の負けで、プラスは3円プラスマイナス5円の負けのようです。

前週の高値付近は、124円なので、

ここから116円だと10本

124円の上下10本合計20本必要。

下値の目安は週足のボリンか、2015.1.11の週足の安値。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA