端末セットが安いおすすめな格安SIMのiijmio

今回は、MNVOの格安プロバイダーとして有名なiijmioをご紹介します。

iijmioでは、現在お得なキャンペーンを実施中です。

8月中に契約してから6か月間割引価格で利用できます。

このキャンペーンは、2022年8月1日から2022年8月31日までの期間限定キャンペーンです。

割引価格は、1か月税込みで440円です。

すべてのギガプランで1か月440円割引価格で利用することができます。

2ギガプランは、1か月税込価格410円。
4ギガプランは、1か月税込価格550円。
8ギガプランは、1か月税込価格1060円。
15ギガプランは、1か月税込価格13600円。
20ギガプランは、1か月税込価格1560円。

iijmioの主な契約事項の確認です。

  • 最低利用期間 なし
  • 解約違約金 なし
  • 転出手数料 不要
  • 新規手数料 税込3300円
  • 留守番電話料金 330円
  • 端末セット あり

 

iijmioギガプランでは、月の途中で課金開始となった場合は、契約月の月額料金は日割になります。

そして、利用できるデータ量も日割で計算されます。

ギガプランの初期費用は、1プランにつき税込で3300円です。

iijmioのSIMは3つのタイプが用意されています。

タイプDのSIM、NTTドコモの5GとLTE4G及び3Gに対応したSIMカードが提供されます。

タイプAのSIM、auの5Gと4GLTEに対応したSIMカードが提供されます。

eSIMのSIM、NTTドコモの4GLTEと3Gに対応したSIMプロファイルが提供されます。

 

タイプDのSMSのSIMとeSIMでは5Gを利用することができません。

タイプDのデータSIMと音声通話SIM、タイプAのSMSのSIMと音声通話SIMは5G対応機種なら5Gを利用できます。

 

iijmioでは2年縛りなどの最低利用期間はありません。

 

どのiijmioプランでも他社へ乗り換えするときにMNP転出手数料などはありません。

ただし、予約番号を発行完了するまでに、​​最短で1日から最大で4日程度必要です。

3大キャリアと違い時間がかかります。

さらに、MNP予約番号の有効期限が切れた後で、その予約番号が無効となるまでに時間がかかります。

MNP予約番号有効期限が切れた後で、再度申し込み可能となるタイミングは、​タイプDのSIMは有効期限の翌々日6時頃、タイプAのSIMは有効期限の翌日6時頃になります。

MNP転出で解約する場合は、​​転出月の利用料金は月額料金の満額​​の支払いが必要となります。

 

 

iijmioの特長はこちらになります。

iijmioのサービスは家族で利用するとかなりお得なMNVO電話です。

なぜ、家族で利用するとお得なプランなのか、IIJmioギガプランについて記載します。

IIJmioギガプランでは、当月利用のデータ容量が余ったときは、翌月に余ったデータ容量を繰り越すことができます。

そして、余ったデータ容量を家族で分け合えることができるデータシェアがあります。

このデータシェアに関しても特長があり、プランが違う時でも分け合えることができます。

例えば、夫が音声対応の8GBプランを契約し、妻がデータ通信のみができる、データプランの8GBを契約したときでもデータシェアができます。

家族で契約しているプランが違う場合でもデータシェアができるということです。

 

iijmioのギガプランでは、データシェアが可能ということを書きましたが、さらに、データプレゼントということもできます。

このデータプレゼントとは、同じmioID内で契約する回線のデータ容量を家族に初めから与えることができる制度のことです。

さきほどのデータシェアは、家族で作ったグループ内でデータ容量を分け合います。

しかし、このデータプレゼントは、それぞれの容量制限を維持しつつ、個別にデータ容量を与えることです。

データプレゼントを利用するときは、すぐにデータ容量を使ってしまう人には便利なシステムです。

 

 

前回の記事は、1か月290円で利用できる合理的シンプル290プランです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA